i-FILTER、m-FILTER
導入サービス

  • セキュリティー

  • メール ウイルス対策

  • 情報漏洩対策

特長

  • Webとメールからのマルウエア感染やデータ流出対策を強固にし、多層防御対策費用や従業員の教育費用の削減を実現
  • 国内で検索可能なURLと安全な送信元であると判定したメール情報を網羅したデータベースにて、社内環境のセキュリティーを保ちます。

概要図

標的型攻撃対策

『i-FILTER』Ver.10と『m-FILTER』Ver.5との連携で実現する偽装メールデータベースで標的型メール由来のアクセスをブロック

メリット

「社外」からの標的型攻撃への徹底対策

クライアント端末を対象とした標的型攻撃は大半が、「メール」と「Web」を主な感染経路およびデータ窃取の手段としています。業務に欠かすことのできない「メール」と「Web」については、下記の攻撃を確実に防ぐことが重要であり、最も効果的な対策といえます。

メールからマルウエア感染対策

「m-FILTER」Ver.5は、標的型攻撃の98%を占める、メールを感染経路にした攻撃を止めます。「m-FILTER」データベースで安全なメールは受信でき、データベース未登録のメールの危険性を判定し、必要に応じて隔離。無害化処理された安全なメールしか受信させないことで、メールによるマルウエアの侵入を防ぎます。「i-FILTER」Ver.10との連携により、危険メールに内包されるURLはアクセス禁止にすることができます。

Webからの感染・データ流出対策

「i-FILTER」Ver.10は、メールの本文内や添付ファイル内のリンクに加え、残り2%のマルウエア感染源となる悪意あるWebサイトへのアクセスや、ファイルのダウンロードなどを制御し、さらに"流出"の経路となる「C&Cサーバー」はもちろん、「i-FILTER」データベース未登録のURLへのアクセスをブロックすることで、標的型攻撃を防ぎます。

「社内」からの情報漏えいを徹底ブロック

メールによる「社内」からの流出対策

社外送信だけを一定時間保留したり、添付ファイルを自動で暗号化する機能で、万が一のメール誤送信の際も、メールや添付ファイルからの情報漏えいを防ぐことが可能です。また、保存メールは当日分も含めてリアルタイムに検索することができるため、平時の監査だけではなく、「情報漏えいインシデント発生時」の調査にも有効です。

Webによる「社内」からの流出対策

Webサービスに対する「閲覧許可」「投稿不許可」などのきめ細かい制御やWebサイトへのアクセス許可、不許可を制御することができ、"脅威情報サイト"と指定したURLへ社員からアクセスがあった際、管理者へメール通知する設定が可能です。また、Webアクセスのログは、管理専用のログにPOST内容をまるごと残すことができるため、書き込みの内容やアップロードされたファイルを、あとから確認することが可能です。日本語による分かりやすい利用状況レポートを利用することでWebサービスの利用リスクの可視化も可能です。

詳細情報

選ばれる理由

三菱電機ITソリューションズのITインフラソリューションを
導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

03-5309-0627

平日9:00~12:15、13:00~17:30