Trend Micro Deep Security

  • ウイルス対策

  • 法人向け

  • セキュリティー

  • サーバー

特長

  • 物理・仮想・クラウドなど、様々な環境のサーバーを横断的&総合的に保護
  • サーバー、仮想デスクトップ、アプリケーションの脆弱性に対して、攻撃者による侵入、改ざんなどを阻止し、企業の情報資源を保護
  • サーバー環境を変えず、ウイルス対策が可能
  • 様々なサーバー環境を一元管理できるので、管理コストの削減が可能

メリット

様々なサーバー環境に対応

パフォーマンスを損なわずに様々なサーバー環境を保護します。さらに、管理者はすべての環境を1つの管理マネージャーで一元管理が可能です。

高度なセキュリティー

サーバー、仮想デスクトップ (VDI)、アプリケーションの脆弱性に対して「仮想パッチ(暫定的な保護)」を適用し、攻撃者によるデータセンターへの侵入や改ざんなどを阻止することが可能です。業界をリードするトレンドマイクロのサーバーセキュリティーは、IPS/IDS(侵入防御システム)による脆弱性対策に加えて、サンドボックス連携によって標的型サイバー攻撃にも対応します。さらに、標的型サイバー攻撃への対策には、IPS(侵入防止システム)や不正プログラム対策などの予防に加えて、万が一、侵入されてしまった場合に備えて、サーバーの変更監視やセキュリティーログの監視などの対策も求められます。

コンプライアンスの遵守

様々な機能を統合したDeep Securityを使用することで、コンプライアンスの遵守を支援し、包括的な監査/レポートを提供します。
PCI-DSS、HIPAA/HITEC、NIST 800-53、FedRAMP

機能

優位性1

「サーバーセキュリティーに必要な複数の機能をオールインワン」
Deep Security は、サーバーセキュリティーに必要な以下の複数機能を備えたオールインワンソリューションです。ネットワーク層のセキュリティー対策から、オペレーティングシステム、アプリケーション層のセキュリティーを網羅し、サーバーの多層防御を実現。今ある脅威からサーバーを守ります。

優位性2

「仮想パッチで脆弱性を狙う攻撃を緊急ブロック」
OSやアプリケーションを狙う攻撃を検知すると、脆弱性に対応するIPSルール「仮想パッチ」がブロック。あたかも正規のパッチが適用されているのと同じ状態を作り出します。これにより、煩雑なパッチマネージメントの負荷を軽減し、計画的な正規パッチの運用を可能にします。

優位性3

「サーバー環境に応じたソフトウエア型保護モジュールを提供」
Deep Security は、エージェント型とVirtual Appliance 型の保護モジュールにより、複数のサーバー環境にハイブリッドに対応。保護モジュールは管理サーバー(Deep Security マネージャ)で管理され、混在するサーバー環境を統一したセキュリティーポリシーのもとで運用できます。

システム構成図

注意事項

  • ご使用のOSの種類/バージョンによって、各セキュリティー機能のサポート状況が異なります。詳しくはお問い合わせください。
  • システム要件に記載されている一部のOSへの対応には、特定のUpdateプログラムの適用が必要になる場合があります。
  • トレンドマイクロでは、既知問題に対する修正やパフォーマンス改善などを累積的に含んだUpdateプログラムを定期的に公開しています。安定した状態で製品をご使用いただくためにも、Updateプログラムの定期的な適用を強く推奨します。詳細については、お問い合わせください。
  • システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。

選ばれる理由

三菱電機ITソリューションズのITインフラソリューションを
導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

03-5309-0627

平日9:00~12:15、13:00~17:30