製造業の最適な対応方法とは?
製造業の最適な対応方法とは?
2022年
1月施行

こんなお悩みを抱えていませんか?

電子帳簿保存法が
改正されたけど、
どう対応すればよいか
わからない...

電子帳簿保存法改正のポイント

ポイント

電子データで取引された
帳簿・書類は
データ保存が義務化

2023年12月31日まで猶予期間

ポイント

電子帳簿保存法の要件を
満たしたシステムで管理すれば、
スキャンした書類への
タイムスタンプが不要に

ポイント

電子データの検索要件が
「取引年月日・取引金額・
取引先」のみに緩和

電子帳簿保存法の
改正について詳しくはこちら

のんびり対応している余裕はない?

対応システムの導入などには時間がかかるもの。
猶予期間があっても、時間的な余裕が十分にあるとは言えません。

おすすめの対応方法は

中小企業共通EDIサービスの活用!

共通EDIサービスとは、企業間の取引情報をインターネット経由で簡単に交換できる仕組みです。

受発注業務をIT化し、大量の伝票などもデータで一元管理できることから、中小企業庁によって高い導入効果が認められています。
この共通EDIサービスを活用することで、電子帳簿保存法の改正にも対応できます。
現在は中小企業においてもDXが求められているため、共通EDIサービスの導入は必須の時代になってきていると言っても過言ではありません。

共通EDIサービスで対応
電子帳簿保存法の改正に対し、効率的でミスのない対応が可能になります。担当者の負荷も抑えられるため、業務の効率化も同時に進めることができます。
手作業での対応
計算ソフトで検索簿を作成したり、電子データのファイル名に規則性を持たせたりすることで対応は可能です。しかし、膨大な手間がかかり、ミスが起こる可能性も高くなります。

製造業が選ぶべき

共通EDIサービスはEDIFAS!

発注や納期回答、出荷などの企業間取引を電子化できるクラウド型共通EDIサービス。中小企業に最適化・標準化されており、圧倒的な低コストで導入できるのが大きな魅力です。短期間で導入できることもあり、サプライチェーン構築に対する負担を大きく抑えられます。高い拡張性も確保し、 API連携などによって基幹システムや販売管理システムとも連携可能。サプライチェーンマネジメント(SCM)やB2B、IoTに対応する"つながる工場"の実現に大きく貢献します。

あらゆる企業間取引を電子化!
あらゆる企業間取引を電子化!

EDIFASが選ばれる理由

  • 低コスト&短期間で導入可能!
  • 直感的に操作可能!
    初心者でも安心!
  • 高い将来性!
    電子インボイス制度にも対応!
そして!

製造業に最適化された
フォーマットを標準搭載!

生産計画や支給などの製造業特有の取引にも対応。対応フォーマットが標準で備わっているので、製造業にとって非常に使いやすい共通EDIサービスとなっています。

さらに!

生産管理システムと
強固に連携!

電脳工場MFとEDIFASを連携させることで、生産計画から受発注、出荷、手配、受入などの幅広い生産管理情報を一元管理できます。また、請求や支払い、売掛・買掛などの販売管理にも対応し、これまで紙の書類で保存していた業務も大幅に省力化。直感的に操作できる使いやすさや拡張性の高さで、中堅・中小製造業から高い支持を集めている生産管理システムのベストセラーです。

生産管理システムと強固に連携!
生産管理システムと強固に連携!

電脳工場MFの導入メリット

1
生産状況の
「見える化」
2
リードタイムの
短縮
3
製品&原料の
適正在庫を実現
4
生産負荷の
平準化
5
厳密な
原価管理
6
業務の
標準化&効率化

電脳工場MFについて
詳しくはこちら

電脳工場MFには
標準で
EDIFASが
バンドルされています!

電脳工場MF + EDIFAS 電脳工場MF + EDIFAS

電脳工場MFとEDIFASの相乗効果で、電子帳簿保存法への対応や製造業の幅広い業務のDXを簡単に低コストで実現。
業務フローを大幅に改善し、付加価値の高い仕事へのリソースの集中を可能にします。

三菱電機ITソリューションズが

導入・運用を徹底サポート!

お客様の取引&生産の現場に最適化してご提案!

共通EDIの専門家として認定され、共通EDIサービスの導入を支援する「共通EDI推進サポータ」が三菱電機ITソリューションズには在籍。お客様が抱える課題などに対応した最適なご提案を行います。また、電脳工場MFの導入においても、お客様固有の生産形態や管理手法に最適化したカスタマイズを実施。ストレスのない運用や導入効果の最大化を可能にします。

共通EDI推進サポーターとは?
中小企業庁の事業の成果である「中小企業商流・金流EDIコーディネータ導入支援者育成カリキュラム」にもとづいて育成された共通EDIの専門家。
お客様の取引&生産の現場に最適化してご提案!

導入後の運用も手厚くサポート!

三菱電機ITソリューションズでは、運用開始後もお客様が安心して運用できるように丁寧にサポート。お客様からのお問い合わせ・ご相談は、コールセンターがワンストップで対応し、営業やエンジニアと連携しながらお客様の運用を支えていきます。今後の法改正への対応も手厚く支援し、EDIFASと電脳工場MFを安心してご利用いただける環境を整えていきます。

導入後の運用も手厚くサポート!

よくあるご質問

Q電子帳簿保存法には対応していますか?
A

対応しています。EDIFASオプション(ストレージ保存)にお申し込みいただくことで、2022年1月施行の改正電子帳簿保存法の要件を満たしてEDI取引を行うことができます。

Q今後、電子インボイス制度には対応しますか?
A

中小企業共通EDIはVer.4で電子インボイス対応を表明しています。中小企業共通EDI「 Extelligence EDIFAS」なら電子インボイスにも対応可能です!

Q基幹システムや販売管理システムと連携させることは出来ますか?
A

API連携でシームレスに連携することができます。基幹システムで発注データを確定後、「EDIFAS」を通じて発注データを自動で取引先に送信すること等、購買業務をより楽に運用することができます。

Q操作に専門的な知識は必要ですか?
A

不要です。どなたでもご利用いただける分かりやすい操作性となっております。各画面項目の表示/非表示、並び替え、サプライヤー側に表示させたい項目制御や自由項目のタイトルをお客様にて設定できるなど、お客様の自由度を最大限に担保しています。