在宅勤務時の業務継続ログ監視BCP用サイトの構築/クラウドバックアップ

Withコロナ、Afterコロナの

テレワークに必要となる

IT-BCPとは?

テレワークの実践に対して
こんな問題を抱えていませんか?

テレワーク中の
社員の作業内容を
把握できない...

情報漏えいなど
セキュリティーに
不安がある...

ロックダウン時に
システム運用を
継続できない...

こんなテレワークのお悩みも
三菱電機ITソリューションズが解決!

01

ログ監視操作ログで仕事を見える化!
情報漏えいや生産性低下を防止

テレワーク中の社員による機密情報へのアクセス状況や、パソコンでの作業状況が、操作ログを通して簡単に把握できます。
機密情報の漏えいを防止すると共に、社員の業務状況をリアルタイムで把握することで、生産性の低下や無駄な残業も抑制できます。

02

在宅勤務時の業務継続セキュアなリモートデスクトップで
オフィス同様の作業環境を実現!

自宅パソコンやタブレットから、インターネットを使ってオフィス内のパソコンを遠隔操作可能に。オフィスのパソコンにあるデータを持ち出さずに利用できるので、セキュリティー面も安心です。
また、オフィスのパソコンで使用しているアプリケーションもそのまま使えるので、生産性の低下を防ぐことができ、万が一オフィスに出社できない状況になっても業務を継続できます。

03

BCP用サイトの構築/クラウドバックアップBCP用サイトの構築や
クラウドバックアップで
テレワーク中のデータも保護!

データ資産を遠方の拠点にバックアップしたり、クラウド上にバックアップしたりすることで、都市のロックダウン等で会社に出社できないような事態にも備えられます。
また、すべてのデータを自動でバップアップすることもできるので、テレワーク中に作業したデータも確実に保護できます。

三菱電機ITソリューションズなら
貴社のテレワークを強力にサポート!

IT-BCP関連の
幅広いサービスを
貴社に最適化してご提案!

『SKYSEA Client View』や『i-FILTER』をはじめ、当社ではIT-BCPに関連する幅広いサービスを提供しています。長年の経験から培われたコンサルティング力と各サービスについての深い知識によって、それぞれのお客様に最適な形でIT-BCPを構築。IT-BCPの設計から導入・運用・保守までをワンストップで支援します。

全国各地の拠点で
お客様を手厚くサポート!

運用中の問題やご不明点には、迅速&丁寧にご対応します。お電話やメールでのサポートはもちろんこと、全国各地の拠点に在籍するエキスパートが、お客様のIT-BCPを支えていきます。

を導入したお客様の声

流通卸売業
従業員500人構築サービス:遠隔データ保護
課題

リアルタイムにデータの遠隔保存を実現したい。

当社からの
解決策

ハードウエア(ストレージ)の機能を活用し、リアルタイムでのデータの遠隔地保管を実現。さらに、クラウドエリアのデータバックアップも併用することでお客様の満足度を向上させました。

サービス業
従業員2,000人構築サービス:拠点間レプリケーション
課題

メインサイト全壊を想定したBCP環境を実現したい。

当社からの
解決策

お客様の要件に沿った基幹システムの災害対策を実現。仮想化システムの機能を利用したリモートサイトを構築し、RPOは最大30分前、RTOは1営業日以内の環境を実現させました。 ※RPO:目標復旧時点
※RTO:目標復旧時間

介護福祉業
従業員850人構築サービス:AWS、Microsoft 365 Exchange Online
課題

拠点に分散されたシステム基盤を統合化したい。

当社からの
解決策

基幹システムをクラウドに移行。また、Microsoft 365への移行も行ない、拠点間で常に情報共有がされる環境を構築しました。

テレワークの実践に欠かせない
ペーパーレス化や労働時間管理も支援!

テレワークを継続的に行っていくためには、さまざまな書類のペーパーレス化や、多様な働き方に対応した勤怠・労働時間管理が必要です。そうしたテレワークを実践していくにあたっての課題解決も、三菱電機ITソリューションズは支援しています。

ペーパーレス化&労働時間管理サポートについてはこちら!

よくあるお問い合わせ

Q自宅から業務を行ないたいのですが、データ漏えいのリスクはありませんか?
A

自宅パソコンから中継サーバーを経由して会社パソコンに接続する方法があります。
画面転送のみで実データは流れません。

Q在宅勤務を推奨してますが、実際に業務を実施しているか管理する方法はありませんか?
A

パソコンの利用状況を個別に管理することができます。
業務別のチャートを分析する事も可能です。

Q災害時に復旧が早いバックアップについて、適切な環境を提案してほしい。
A

業務システム単位で、最適なバックアップ環境を
オンプレミスとクラウドの両方から検討して提案いたします。

Qクラウドを活用することで自社内のサーバーを減らし、管理の負担を小さくしたい。
A

クラウド化できるシステムと自社内に残すべきシステムをお客様と協議しながら分析し、最適な解決策を提案いたします。

部門別導入メリットや導入事例も紹介! テレワークに求められる
IT-BCP対策ガイド