中堅・中小製造業の
抱える
課題を
ITシステムの活用で
解決!

業務の属人化や人材不足による様々な制約など、
製造業の直面する課題に、
全体最適を目指した
改善を実現します。

  • ものづくりに関わる、工場全体の課題をITシステムを活用して解決します。
  • 生産状況をリアルタイムに「見える化」し、的確な生産計画の立案を支援します。
  • FA(Factory Automation)とITシステムのシームレスな連携により、工場経営の「見える化」を実現します。
  • デジタル化したデータを活用し、業務のあり方を変革し、新しい価値を創出します。

製造業
関わるさまざまな課題

  • ものづくりから物流まで工場全ての全体最適を実現したい

    ものづくりから物流まで工場全ての全体最適を実現したい

  • 計画に対する生産状況をリアルタイムに把握したい

    計画に対する生産状況をリアルタイムに把握したい

  • 人材不足をITシステムの活用でカバーしたい

    人材不足をITシステムの活用でカバーしたい

  • 業務の高度化により生産性を向上したい

    業務の高度化により生産性を向上したい

  • デジタル化による新しい価値の創出を目指したい

    デジタル化による新しい価値の創出を目指したい

  • データを活用して、業務変革を実現したい

    データを活用して、業務変革を実現したい

解決への3つの柱

1

ITシステムの活用で
「業務の高度化」と「生産性の向上」を実現

生産管理を中心に、生産計画の立案から細やかな工程計画への対応まで、ITシステムを活用して業務の高度化を支援します。また、業務の属人化を排除し、人材不足をカバーする効率的な運用を実現します。
デジタル化したデータの活用により、業務変革と新しい価値の創出を支援する工場経営を実現します。
尚、導入後も、三菱電機ITソリューションズの貴社専任のスタッフが相談役として、継続的な業務の高度化を支援します。

導入したお客様の声

営業部門と製造部門で、ものづくりの負荷進捗を一元的に確認できるようになり、 取引先からの要求や課題に対する社内の意思決定がスピードアップしました。

生産管理システムが、基準在庫を見て自動的に生産計画を立案できるようになり、 機会損失を防止できるようになりました。

2

ものづくりから物流まで
工場の全体最適を実現

工場経営には、ものづくり以外にも重要な管理項目が多数存在します。
例えば、庫内物流管理における原材料の払出しや製品の出荷で、理論在庫と実在庫との数量に乖離があり、結果的に原価計算がドンブリ勘定になる等、課題が山積しています。

導入したお客様の声

入出荷検品システムを利用してから、理論在庫と実在庫の誤差がほとんどなくなり、 実地棚卸も楽になりました。

毎月正確な原材料の払出数が確認できるようになり、月次原価計算の精度も上がっています。 コストダウンにデータが活用できるようになりました。

3

ITとFAの連携で工場の
「見える化」を実現

中堅・中小の製造業様にもIoTの導入メリットを実感していただくために、まずは分かりやすい基本的な部分でのITシステムとFAの連携を実現します。
例えば、生産管理システムや工程管理システムと生産機械(プレス機械や工作機械)の実績データを連携することにより、これまで製造日報等から後日バッチで入力していた生産の状況がリアルタイムで漏れなく確認できるようになるため、課題の発見から対策まで意思決定のスピードアップを支援します。
また、製造ラインの監視や状況をトレンドで「見える化」することにより、製造KPIの実績向上と機械の予防保全等に役立つ情報を提供します。
更に、製造データのデジタル化による、ベテラン工員の技術伝承により、段取り時間短縮等の生産効率向上と人材不足解消を支援します。

導入したお客様の声

これまで、製造日報から出来高を入力していましたが、数量の記入漏れ・誤りがよく発生しており、実績入力も遅れが発生していました。IoTを使って、製造機械から直接データを連携できるようになり、数値の精度向上とリアルタイムで実績が確認できるようになり、対策が早期に打てるようになりました。

ラインの停止や異常がリアルタイムで確認できるようになり、対応時間が短縮できました。
また、稼働状況のトレンド表示で事前の保全対策が行えるようになり、トラブルが減りました。

お気軽にお問い合わせください

選ばれる理由

三菱電機ITソリューションズの製造業様向け業務ITソリューションを
導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。

お気軽にお問い合わせください

三菱電機ITソリューションズ株式会社

お電話でのお問い合わせは

03-5309-0622

平日9:00~12:15、13:00~17:30