【MDIS】保険薬局システム「調剤Melphin/DUO」とピッキングサポートシステム「NEW PORIMS」が連携
三菱電機インフォメーションシステムズと湯山製作所、薬剤師の対人業務充実に向け、保険薬局向けシステムで協業

2019年10月03日

リリース全文(816KB)

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(所在地:東京都港区、取締役社長:堀口 彰、以下「MDIS」)と株式会社湯山製作所(所在地:大阪府豊中市、代表取締役社長:湯山 裕之、以下「湯山製作所」)は、保険薬局の薬剤師の対人業務充実を支援するため協業し、MDISが提供する「調剤Melphin/DUO」(※1)と湯山製作所が提供する「NEW PORIMS」(※2)のシステム連携を実現します。

両社は、NEW PORIMS連携機能を搭載した調剤Melphin/DUOを、2019年度中に提供予定で、このシステム連携機能を、2019年10月13日~14日に開催される「第52回日本薬剤師会学術大会」(※3)のMDISブースで参考展示します。

連携の狙い

超高齢化社会の到来による医療費増大が深刻な社会問題となる中、医薬品の服用期間を通じた服薬状況の継続的フォローの義務化を織り込んだ「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(「薬機法」)の改正案が検討される等、薬局・薬剤師に対する期待がますます高まっています。

一方で、薬剤師が充実した対人業務を実施できるようにするため、厚生労働省は「薬剤師以外の者に実施させる事が可能な業務の基本的な考え方」(※4)を整理した中で、処方箋に記載された医薬品の必要量を取り揃える行為(ピッキング)を薬剤師以外の者(以下「非薬剤師」)に実施させることを認めるとの方針を打ち出しました。

こうした動きを受け、薬局向け製品・システム提供で業界をリードする湯山製作所と35年に渡る保険薬局システムの経験をもつMDISが両社製品を互いに連携させる事により、安全性を強化しつつ薬剤師業務の効率化を支援するシステムを提供いたします。

今後の取り組みについて

両社はこれまで、湯山製作所が保険薬局に広く導入している鑑査機器(最終鑑査支援装置「Barrera」、電子天秤一体型鑑査システム「onedyEX2」)と調剤Melphin/DUOのシステム連携を実現して参りました。両社は今後も協力して、薬局・薬剤師に求められる業務変革をサポートして参ります。

  1. ※1.調剤Melphin/DUO(メルフィンデュオ):保険薬局システム
  2. ※2.NEW PORIMS(ニューポリムス):ピッキングサポートシステム
  3. ※3.主催:公益社団法人日本薬剤師会/一般社団法人山口県薬剤師会、会場:下関市民会館、海峡メッセ下関ほか
  4. ※4.「調剤業務のあり方について」(厚生労働省医薬・生活衛生局総務課長2019年4月2日)

関連サービス・製品