2021年度電子帳簿保存法の改正に伴い、三菱電機ITソリューションズが提供する「e-image」が、統合EDIサービス「スマクラ」の電子帳簿保存サービスに採用

2021年05月07日

三菱電機ITソリューションズ株式会社(本社:東京都中野区、取締役社長:山本 徹雄、以下MDSOL)の開発した電子帳票システム「e-image(イー・イメージ)」が、SCSK株式会社(以下SCSK)が開発した統合EDIサービス「スマクラ」の電子帳簿保存法(※1)に対応したサービスとして、採用されました。
「スマクラ」の電子帳簿保存サービスは、2021年5月7日から提供開始されます。

1 電子帳簿保存法:国税関係の帳簿類や証憑類を電子データとして保存することを認めた法律

1.背景

2021年度の電子帳簿保存法改正では、現行法令で認められていた「電子取引データを紙出力し保存する」ことが廃止されます。そのため、今後、各企業は、「電子取引データ」を例外なく、電子帳簿保存法の規定に準拠したデータ保存をする必要があります。適切に保存されていないと国税から判断された場合は、青色申告の承認取消などのリスクもあるため、各企業は対応が必須となります。「スマクラ」のミドルウェア上にMDSOLの「e-image」を実装する事で、未対応の企業向けに、企業間の「電子取引データ」の保存を、クラウド型「電子帳簿保存サービス」で実現します。

2.電子帳簿保存サービスの概要

企業間の電子取引データの保存に対応するサービスです。各企業間で連携されているEDIデータ(電子取引データ)を「スマクラ」からMDSOLの「e-image」に自動連携し、スマクラにてデータを保存します。
企業の担当者様は、インターネットを介し、保存データの検索・閲覧などを行うことができます。

現在、スマクラを利用していない企業でも導入可能なサービスです。
[スマクラ導入済企業の場合のシステム構成例] (※2)
2 図版の提供元は、SCSKのプレスリリースより抜粋

3. 「e-image」について

「e-image」は、コンピューターの「印刷データ」を取り込んで、ペーパーレス化、データの有効活用・再利用を実現する帳票システムです。公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が認証する「電子帳簿ソフト法的要件認証(パターン2:保存)」を取得しており、全国1,600社以上に導入いただいている実績があるソリューションです。
URL:https://www.mdsol.co.jp/es/

4. 「スマクラ」について

「スマクラ」は、本部契約500社以上、年間数10兆円を超える商取引情報を支え続ける、「全業界向け統合EDIサービス」です。さまざまな業種・業態、プラットフォーム、プロトコルを接続する、クラウド型の「システム連携基盤サービス」で、企業間のシステムをつなぎ、入力や通達業務の効率化を実現します。
URL:https://www.smclbms.com/smcl(別窓で開く)

三菱電機ITソリューションズ株式会社について

コンピューターシステム、クライアントサーバー、パソコン等による経営合理化システムの提案、販売、設計・開発、LAN工事、導入後の運用支援・保守サービスまでを一貫して提供します。

商号 三菱電機ITソリューションズ株式会社
本社所在地 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー
代表者 取締役社長 山本 徹雄
設立 1973年12月
資本金 1,000百万円
URL https://www.mdsol.co.jp/

SCSK株式会社について

SCSK株式会社は、コンサルティングから、システム開発、ITインフラ構築、ITマネジメント、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)、ITハード・ソフト販売まで、ビジネスに必要なすべてのITサービスを、フルラインアップで提供し、お客様のビジネス価値向上に貢献します。

商号 SCSK株式会社
本社所在地 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント
代表者 代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者 谷原 徹
設立 1969年10月
資本金 21,152百万円
URL https://www.scsk.jp/(別窓で開く)

本リリースに関するお問い合わせ先

三菱電機ITソリューションズ株式会社 
ソリューション事業部 首都圏システム営業第二部
TEL:03-5309-0621 / FAX:03-5309-1482

商標関連

e-imageは、三菱電機ITソリューションズ株式会社の登録商標です。
スマクラは、SCSK株式会社の登録商標です。
その他掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。