放射線治療情報ソリューション COCOA

[放射線治療情報システム]

介護・医療・調剤薬局向け

HIS、RIS、PACS、リニアックとを接続し、放射線治療業務を総合的にサポート

放射線治療情報ソリューション COCOA(ココア)は、HIS(Hospital Information System)、RIS(Radiology Information System)、PACS(Picture Archiving and Communication System)、リニアックとを接続し、放射線治療業務を総合的にサポートするソリューションです。

放射線治療の現場は、放射線治療依頼から始まり、医師の診察、位置決め撮影、治療計画(シミュレーション)、スケジュールの立案、放射線治療オーダの発行、治療の実施、医事請求、画像の管理など、複雑で多岐にわたる業務を日々行う必要があります。
これらの業務をシステム化するためには、病院情報システム(HIS(Hospital Information System))、CT撮影のための放射線情報システム(診断 RIS(Radiology Information System))、院内画像サーバー(PACS(Picture Archiving and Communication System))、治療計画装置、リニアックなど複数のシステムとの連携が求められます。

COCOAは、施設ごとに異なる業務ニーズに合わせ、単機能ゲートウエイから治療RISまでをご提供します。

お客様の「こうしたい」にお応えします

  • 経営者

    • 放射線治療に関する実績や最新情報をもとに、よりよい患者サービスを提供したい
    • 治療フローを体系化し、治療に従事しやすい仕組みを構築したい
  • 担当者

    • 放射線治療に関する様々なデータ管理の負担を軽減したい
    • 治療の進捗状況の共有をスムーズに行いたい

特長

放射線治療RISは、病院情報システムおよび放射線治療装置と連携し、情報の受け渡しを行うと共に、放射線治療に関する様々なデータを管理します。

治療依頼から進捗レポートまで、放射線治療に関する一連の情報連携をサポートします

対象者
経営者
担当者


  • 患者情報の登録は、電子カルテから発行する治療依頼オーダー受信により自動化できるため、スタッフによる入力業務は不要です。

  • 電子カルテから随時送信される患者情報を受信することにより、常に最新情報にアップデートすることも可能です。

  • 患者の疾患や治療方針に関する情報を登録・管理できます。

  • 登録データは、各種レポートや日本放射線腫瘍学会に提出するデータの出力にも活用できます。

受付業務や医事会計と連携することで業務を省力化します

対象者
経営者
担当者


  • バーコードや診察カードを利用した受付業務をサポートします。受付状況を含むスケジュール情報はシステムで共有されるため、各スタッフは、治療の進捗状況を随時確認しながら効率的に業務を遂行できます。

  • 照射終了後に請求する診療報酬の確認と登録が行えます。登録後は、直ちに電子カルテに実施オーダが、医事会計に会計データがオンラインで送信されます。

DVH analyze機能

対象者
経営者
担当者


  • ユーザー定義のプロトコルに則り、DVHの評価を支援する、DVH分析機能を提供します。

DICOM キャプチャ ゲートウエイ

対象者
経営者
担当者


  • 表示画面のセカンダリキャプチャーを取得し、DICOMイメージ(Secondary Capture Image)としてPACS等に送信できます。

  • 画面上の、任意の領域を指定してキャプチャーできます。

  • 患者IDを入力するだけで患者属性を院内サーバーから自動収集しますので、誤入力を防ぐだけでなく、最小限の手入力でDICOM画像に変換できます。

Open DICOM Server(DICOM-RT Server)

対象者
経営者
担当者


  • 接続性、拡張性に優れた小型DICOMサーバーです。

  • 部門で発生するDICOM画像を、専用Serverで管理します。

  • DICOM-RTにも対応可能です。

  • 治療RISとの連携も可能です。

導入事例のご紹介

三菱電機ITソリューションズがなぜ選ばれるのか

システムを導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。

関連イベント・セミナー

関東甲信越