ソリューション・エクスプレス

このコーナーでは、ビジネスやスキルアップにつながる
イチオシのコラムをご紹介します。

PICK UP

パワハラ防止法の施行で企業に何が課されたのか?

経営・マネジメント

2020年12月16日

パワハラ防止法の施行で企業に何が課されたのか?

企業内はもちろん、社会的にも大きな問題となっているパワーハラスメント(パワハラ)。パワハラは従業員の就業意欲の低下、健康被害、離職率の上昇だけでなく、企業イメージを著しく損なう可能性もあり、企業としての対策・対応を適切に講じる必要があります。しかし一方で、パワハラは教育や指導との線引きが難しいという側面もあり、境界線が難しいと感じるケースも少なくありません。 定義が難しいパワハラですが、人手不足が社会的な問題となっている日本において、パワハラの予防・解決に向けた取組は国としても重要な施策であると考え2019年5月に成立したのが、「改正労働施策総合推進法」、通称「パワハラ防止法」です。パワハラ防止法により、雇用管理上の必要な措置を講じることが企業に義務付けられました。これに伴って、今まで以上にパワハラへの対応の強化が重視されることは言うまでもありません。 そこでこのコラムでは、パワハラ防止法の基本的な情報や違反した際の罰則、企業で行うべき取組などについて解説します。

続きを読む

~アフターコロナ・ウィズコロナ時代を生き抜くために~ テレワークも可能とする受注業務のデジタル化について

経営・マネジメント

2020年09月02日

~アフターコロナ・ウィズコロナ時代を生き抜くために~ テレワークも可能とする受注業務のデジタル化について

世界的に猛威をふるっている新型コロナウイルス。その影響は世界規模で、感染拡大防止を目的としたロックダウンの発令、外出自粛要請など経済に大きな損害を与えました。日本においても、感染拡大防止を目的とする自粛生活が4月頃から始まり、社会活動や経済活動が以前とはまったく異なるものになったと感じる人も多いでしょう。 その当時からテレワークへの移行が社会的に推奨されてはいるものの、「出社しないと出来ない仕事」がある人は出社せざるを得ず、これまで紙やハンコ、対面が当たり前であった文化をすぐに変えられたのは、一部の限られた企業のみであるのが現状です。 アフターコロナ・ウィズコロナ時代においては、早急な「業務のデジタル化」が求められています。そこで今回は、その中でも紙・ハンコ文化が根強く残る「受注業務」をデジタル化するためのポイントについてご紹介します。後半には具体的な成功例もご紹介しますので、テレワーク推進を目指す経営者様、ご担当者の方は是非参考にしてみてください。

続きを読む

リモートワーク時代により重要性の増す「ファシリテーションスキル」とは

キャリア・スキルアップ

2020年06月11日

リモートワーク時代により重要性の増す「ファシリテーションスキル」とは

ビジネスシーンにおいて、毎日のように行われていると言っても過言ではない会議やミーティング。中には、一日の仕事のほとんどを会議に費やしてしまった...という経験をした方も、いるのではないでしょうか。 「ただ集まるだけの会議」、「時間だけが過ぎてゆく会議」と言われるような実のない会議ほど、勿体ない時間はそうありません。効率的に、かつ有意義な会議が進められるかどうかのカギは、司会進行が握っています。特に最近はオンライン会議を行う機会も増えており、対面での会議以上に会議をまとめる力が必要となっています。しかし、「会議がうまく進まない」、「なかなか結論が出ない」、「時間通りに終わらない」そういった悩みを持ちながら司会進行をされている方も多いのではないでしょうか。その悩みを解決するために役立つのが「ファシリテーションスキル」です。 このコラムでは、リモートワークが推進される今だからこそ注目しておきたいファシリテーションスキルについてご紹介します。

続きを読む

人気のコラムランキング